親知らずは顎関節症の原因になる可能性がある

歯の模型とハブラシ

顎に痛みを感じたり、骨が鳴るような音が鳴ったり、口が大きく開けられないなどの症状がある人は、顎関節症が疑われます。
その原因は色々ですが、親知らずが引き起こす場合が多いといわれています。
そのため余分な奥歯である親知らずを抜けば、意外と簡単に治ることがあるので、顎関節症にお悩みの方は、お近くの歯科医院に相談するようにしてください。

永久歯が生えそろうと28本になりますが、その後に一番奥に生えてくる歯は親知らずと呼ばれます。
通常、中学生になる前までには永久歯が生えそろいますが、親知らずはあごが発達して、生えるスペースが出来るまでは生えて来ることはありません。
歯茎の中でその日が来るのをじっと待ち、20歳前後に生えることが多いですが、生えない人もいます。

奥歯が生えるようなスペースが十分にないところに、親知らずは生えて来るので、生え方が斜めだったり、隣の歯を圧迫して歯並びを悪くすることもあります。
完全に生えないまま、中途半端に少しだけ出ていることもあるので、噛み合わせに影響が出る人が少なくありません。
その場合は他の健康な歯にも良くない影響を与えるので、親知らずを抜歯しなければなりません。
しかし他の歯と変わらないほど綺麗に生えていて、噛み合わせに問題がなければ、抜歯をしなくても良いでしょう。

親知らずのせいで、顎関節症となっているなら、抜歯をすれば改善できるので、歯科医院で治療を勧められたら承諾するようにしてください。
ただし抜歯を行ったことにより、顎関節症が悪化することもあるので、リスクを避けたいなら、信頼できる歯科医院を選ぶことが大切です。
顎関節症の治療経験が豊富な専門医の診察や検査を受け、親知らずが原因だとはっきり判明したら、抜歯を行うようにしましょう。

抜歯を行うと、歯茎が傷つくので、きちんと処置をしないと、炎症や感染を起こすことがあります。
それが原因で開口障害に悩まされることがあるので注意が必要です。
開口障害というのは顎関節症の症状で、口を大きく開けられなくなるので、食事や会話がしにくくなります。
その状態がずっと続く場合は問題ですが、抜歯による炎症が原因だった場合は、顎関節症によるものではないので、1週間以内には腫れや痛みが治まるでしょう。

親知らずを抜歯した後、顎関節症になるのを防ぎたいなら、炎症を悪化させないよう、傷口を清潔に保つことが大切です。
抜歯から1週間が過ぎるまでは歯磨きを優しく行い、口を乱暴にゆすぐような真似はせず、傷口を刺激しないようにしてください。
硬い食べ物や辛い刺激物も口にせず、傷口の出血を促すお酒も控えるようにしましょう。